手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>展示会・イベント情報>第8回てしごと逸品の会

展示会・イベント情報

森善之 水のすみか

森善之 水のすみか

2011年5月13日(金)〜25日(水)
GALLERY SPEAK FOR(東京都渋谷区)

森善之 水のすみか

このたびGALLERY SPEAK FORにおきまして、フォトグラファー、森 善之氏による写真展「水のすみか」を開催いたします。
「新ビオフェルミンS錠」や、焼酎「それから」の広告など、同時代感をつかみつつ、ヒューマニティ溢れるまなざしから広告写真を手がけている森氏。受け手の心へ深くリンクする、優しい写真話法が高い評価を受けています。一方で、2008年に写真家ユニット「 七 雲 」を組 織すると、日本のローカルな風土や暮らしを、各県ごとにフォーカスするグラフ誌「ジャパングラフ」を発行開始。写真の潜在的な力で貢献する社会的なアクションとして注目を集めています。 本展は、彼が約6年のあいだ取り組んできたアートピースのシリーズを展示する初の機会として企画さ れました。タイトルの通り、テーマは「水」です。彼は約10年前、南米のアマゾン川の取材に出かけ、世界観が水を軸として大きく変わったといいます。その後、紀伊半島の源流域などでこのシリーズを撮影するようになりました。奇遇にもその流域が、かつて自分が渓流釣りによく通っていた川だったことに気づいた彼は、川の流れや雲など、地球を循環する水の様々な姿を描きとめ続けてきたのです。生命もまた「水のすみか」だと気づかされ、輪廻を見つめるように水を撮影することが「大切な、生きるためのビ ジョンを与えてくれた」と森氏。青や緑、白が美しく映えるグラフィックな味わいの写真群は、ネイチャー写真かドキュメンタリーかの問いを越え、次々と人々の心を癒して伝播し、定着していくコミュニケーションアートだとも言えそうです。 今回は、約35点のC-print作品を展示する他、同名タイトルの写真集も販売。他に、これまでの活動を伝える「ジャパングラフ」などの書籍を紹介・販売いたします。また、本展の売上げ金の一部を、東日本大震災の被災者支援活動へ寄付いたします。
本展につきまして貴媒体にて広くご紹介いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。 。

会期:2011年5月13日(金)〜25日(水)
販売時間:11:00〜18:00(展示最終日17:00 休廊 毎週木曜日)
場所:GALLERY SPEAK FOR
   〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F
電話:03-5459-6385

手仕事フォーラム賛助会員募集

手仕事フォーラムBLOG