手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>フォーラムが選ぶ・この逸品>山根窯 丸小鉢

フォーラムが選ぶ・この逸品

山根窯 丸小鉢

山根窯 丸小鉢

2008年4月 加藤直子
訪問地:鳥取県青谷町山根

鳥取県青谷町山根で作られている石原幸二さんの丸小鉢です。高台のないシンプルな形で、和食にも洋食にも合います。形は定番で作られており、サイズは大小2種類あります。毎年展示会の度、色や模様を少しずつ変えて作られるので、どんなものを出されるかいつも楽しみにしています。

使用の際は主張をしすぎず、食器棚で出番を待っているときは、まるで小さな生きもののようなかわいらしさで存在してくれています。 石原さんの作られる器は、日本のみならずアジアやアフリカ、ヨーロッパの香りが漂うように感じられるものが多く、ご本人そのままのような、とらわれない大らかさや愉しさがあると思います。

この丸小鉢は、スープやポタージュ、みそ汁、けんちん汁など汁物の碗として、また煮物鉢、デザート鉢、お鍋のとり鉢など… 本当にいろいろなものとの相性がよく、大活躍してくれます。 私は、縁に鉄釉が施されている皮鯨のものと、水玉模様のような抜紋のもの、そして大きいサイズの象嵌のものを使用しています。仕事を終え帰宅した際、見立てづかいをし、これでお抹茶を戴くとホッとします。 私にとってこの丸小鉢は、丈夫で頼りがいがあり、生活を楽しませてくれる友のような存在です。