手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>フォーラムが選ぶ・この逸品>小鹿田焼 ポン描き徳利

フォーラムが選ぶ・この逸品

小鹿田焼 ポン描き徳利

小鹿田焼 ポン描き徳利

2012年10月 鈴木修司
製作地:大分県日田市

とあるお店の特別な会で手に入れた、少し前の"“小鹿田焼ポン描き徳利”。
こちらを制作した陶工は、数年前に引退されているので、今となってはそれなりに貴重なものですが、当時はどれだけの数を作っていたであろうものです。
小鹿田の陶土は鉄分が多いので、化粧土を掛けないとこんな素朴な色目となり、筒描きで施された白土は印象的に映えます。個人的にとても好きな組み合わせです。シンプルなだけに、焼き上がり具合に大きく左右されるのですが。

少し還元がかっているのか、物憂げで静かな佇まいが魅力です。作り手のセンスが大きく、ふくよかに張った胴回りに程よく絞られた口(そのバランス)、高い技量が伺える口先の仕上げ、そしてさりげない筒描き具合、すべてが合間って美しい徳利となっています。

手に入れる時、ふと口先に小さな欠けを見付けたのですが、お店オーナーの粋な図らいで、ご友人へ金継をお願いしてくれることになりました。ちなみにこの徳利は、オーナーが上がりの良さを気に入り、見本として暫く保管されていたものです。その金継をして頂いた方がまた目利きである為に、金継具合も程よく、魅力を更に増してくれています。
この徳利は、このように感覚の優れた方々の手を渡ることによって生まれた逸品なのです。