手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>フォーラムが選ぶ・この逸品>倉敷緞通の玄関マット

フォーラムが選ぶ・この逸品

倉敷緞通の玄関マット

倉敷緞通の玄関マット

2013年7月 門田真記子
製作地:岡山県倉敷市

我が家の玄関を明るくしてくれる倉敷緞通の玄関マット。
初めて使う時に、作り手の瀧山さんが「春夏はさらっとしていて気持ち良いですよ」と教えてくださいました。
見た目は表面にリング糸を使って目が詰まっており、どちらかというと温かみを感じます。
しかし、裏面はイ草と紙を使用しているので吸湿性がよく、夏場に素足で踏んだ時に
ひんやりとした感じがしてとても気持ちが良いのです。

いつも仕事から帰ると玄関を開けた時にまず目に入る倉敷緞通。
芹沢けい介氏の意匠による縞柄は、モダンながらも落ち着いていて、
3年程敷いていますが毎日玄関を上がり降りする楽しみを感じています。

瀧山さんの工房へは何度かおじゃまさせていただき、
その度に作業工程を丁寧に説明していただきました。
おひとりで全ての工程をこなすので、その為の工夫が随所に見られます。
知恵を絞って考え、試行錯誤しながら道具と真正面からつきあっていらっしゃる姿やお話を
伺っていると、瀧山さんでなかったら倉敷緞通の復興は成し遂げられなかったのではと感じます。

 

倉敷緞通に出会うまでは、玄関に合う敷物をなかなか見つけられませんでした。
人の目に一番触れる場所なので、風格があって品のよい倉敷緞通は住まい全体の印象を
良くしてくれると思います。

 

私があまりにおすすめするので、姉妹も玄関マットは倉敷緞通を使用しています。
1軒家でもマンションでも、和洋も問わず空間に馴染むので
つい熱くおすすめしてしまいます。