手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>フォーラムの活動報告>プレス掲載>朝日新聞 マリオン情報 鎌倉に銀幕の香り訪ねて

プレス掲載

鎌倉に銀幕の香り訪ねて

鎌倉に銀幕の香り訪ねて

2010年3月23日(火)朝日新聞「マリオン情報」お出かけ欄掲載

 4月1日に鎌倉市川喜多映画記念館が開館します。楽しみにしている映画ファンも多いはず。でも鎌倉まで足を運ぶなら、数ある映画の舞台だけでなく、名作やスターゆかりのちょっとしたお店もお勧めです。(酒井摂、杉森美絵)
 
寅さんに登場、小鹿田焼

 「男はつらいよ」シリーズの29作目「寅次郎あじさいの恋」(82年)には、人間国宝の加納作次郎なる陶芸家が登場する。ここで加納のアトリエのセットに作品として使われたのが、同市の民芸店・もやいエ芸が扱う、柳瀬朝天さん(67)作の小鹿田焼の大つぼだ。
 「最も感心したのは、加納のモデルになった陶芸家・河井寛次郎のアトリエを再現しようとしたスタッフの熱意」と店主の久野恵一さん(62)=写真。同店は86年まで北鎌倉にあり、当時近くにあった松竹大船撮影所の製作主任の目にとまった。店には今も日常使いの柳瀬さん作品が並ぶ。久野さんによると、作家本人は「作品の映画登場には昔も今も無頓着」とか。
 この映画の中で渥美清さん演じる寅さんといしだあゆみさんのマドンナがデートしたのは、鎌倉・極楽寺の成就院だ。
 ■もやい工芸 鎌倉市佐助2の1の10(TEL0467・22・1822)。午前10時〜午後4時半。火曜日休み。