手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>手仕事調査>沖縄地方>読谷山焼北窯 共同窯の補修作業

手仕事調査:沖縄地方

読谷山焼北窯 共同窯の補修作業

読谷山焼北窯 共同窯の補修作業

2012年2月26日
訪問地:沖縄

先日、読谷山焼北窯を訪れた際に、ちょうどアーチ状の屋根部分の張り替えを終えたばかりの共同窯を見学させていただきました。

張り替えとはいうものの、屋根は陶器と同じ赤土でできています。
作り方は、まず型枠を作り、その上に土を盛り、 外から固めた後、
型枠を取り外して内側からもハンマーでとんとんとんと叩いて固めていくそう。
共司さんが実演してくださいました。

我々が訪れた翌週に薪を燃やして空炊きして屋根を焼き固めるとのことでした。
陶器と同じですね。
下の写真は現在大宜味村の玉城さんの窯の写真ですが、
これをみるとレンガ部分がどうなっているかわかります
この上を土で覆っていくイメージですね。

毎年2房分の天井を年初めに作りなおすそうです。
面倒だから天井もレンガにしてしまうという話もあったそうですが、
工房の若い人が壊し方、作り方を勉強できるからと、毎年作りなおしているそうです。
我々も大変勉強になりました。ありがとうございました。

 

手仕事フォーラム 西村創太