手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>地域レポート>伊予だより>秋深まる石鎚山〜西条市〜

伊予だより

秋深まる石鎚山〜西条市〜

2014年11月12日
語り手:門田真記子(手仕事フォーラム会員)

 

11月初旬、紅葉の見頃を迎えた石鎚山に登りました。

 

といっても登山ロープウェイで途中まで。
小松ICで降り、国道からは30分くらいでロープウェイ乗り場に到着します。
そんなに山道ではないのでわりとスムーズに行けます。

ロープウェイに乗ればあっという間に1400m地点に到着できます。

 

先日の仙台フォーラムで訪れた東北も美しい紅葉でしたが、
石鎚山も秋の深まった景色でした。
東北の方が木々の間に光が入って全体が柔らかい色だったなあと思い出します。
また東北へもぜひ行きたいです。

 

ロープウェイを降りて、1キロほど歩けば石鎚山の中腹にある成就神社に着きますが、
スキー場のリフトで上がることもできます。
愛媛は暖かいイメージがあると思いますが、石鎚山は西日本最高峰1982m。
まわりにはスキー場が何カ所かあります。
石鎚スキー場のこのリフト、簡素すぎてスリリングでおすすめです。

 

展望台からは石鎚山系や瀬戸内海を一望できます。

 

石鎚山の頂上。

 

頂上を目指す人々は成就神社にある神門をくぐって行きます。

 

石鎚山からの伏流水が流れる西条市は、水の都ともいわれ
市内にはうちぬき水を汲める場所が点在しています。

 

愛媛民藝館も西条市にあり、お堀に囲まれた水の都らしい場所です。
ここで12月13日(土)から来年の2月1日(日)まで、2年に一度の手仕事展が開催されます。
初日と最終日には久野さんのギャラリートークが(13時より)館内で行われますので、
ぜひ足をお運びください。
石鎚山もぜひ合わせて行かれてはいかかでしょうか。
そのころには頂上の雪景色が見られるかもしれません。