手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>胡麻鯖

いただきます

胡麻鯖

胡麻鯖

2007年4月30日
語り手:副島秀雄

私の住んでいる福岡の郷土料理である「胡麻鯖」を紹介します。

福岡では大体どの居酒屋でも普通に出される料理で、鯖の刺身を胡麻と醤油、薬味などで和えたものです。

私の出身地大分ではこれを「りゅうきゅう」と呼び、合わせる魚の種類は様々ありますがほぼ同じものです。

「ごまさば」というと鯖の種類のように感じる方もいらっしゃるかと思います。でも、福岡で言う「胡麻鯖」は、ゴマサバで作ってもマサバで作っても「胡麻鯖」です。新鮮な鯖があがる博多だからこそ郷土料理として残ったのだと思います。

食べ方もいろいろあり、お酒のつまみにも良いですし、ご飯に載せてだしをかけてお茶漬け風にしても美味しいです。

今回は同じ福岡で作られている小石原焼の櫛描皿に盛ってみました。

手仕事の器へ盛ると更に美味しそうにみせてくれます。

福岡へいらっしゃった際は是非ご賞味ください!