手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>ハヤシライス

いただきます

ハヤシライス

ハヤシライス

2010年5月4日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

たくみ割烹でハヤシライスをはじめて10年が経ちます。
ここの名物でもある鳥取和牛すすぎ鍋(シャブシャブ)のロース肉をスライスする際,両端やかぶりの部分がけっこうたまるのでその利用方法の一つとしてたっぷりの玉ねぎとトマト、牛スジのスープを使って登場したのがこのハヤシライスです。年輩の方にもなかなか好評でコンスタントに注文があったのですが、(中にはオムライスとの区別がつかない方もいらっしゃいましたが)ここのところブレークと云うかものすごくよく出るのです。3年前に始めた味噌煮込みカレーとの相乗効果もあり土、日曜日の昼にはカップルで来店されてハヤシとカレーというパターンが実に多い。
原因は  1、インターネット等で書き込みが増え、若い人中心に広がった。
    2、鳥取高速自動車道が開通して関西圏からの来店が増えた。
とも思うのですが、ハヤシやカレー専門の牛肉を仕込まなければならなくなり、肉の在庫が増え喜しいけれどちょっと大変。
たくみ割烹は郷土料理の店というより、今の若人達には鳥取和牛の専門店というイメージが強いようです。ただ、今プチ民藝ブームが起こる中、少しでも手造りの器の良さを実感してもらえれば、これから先がある人達の事だから若いお客様が増える事は喜ばしい事だと思うのですが、でも一週間の内に2回も大きなずんどうでハヤシとカレーを仕込むのはちょっと大変です。