手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>糸もずくと岩もずく

いただきます

糸もずくと岩もずく

糸もずくと岩もずく

2010年6月9日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

今回は脇役ではありますがもずくについて紹介したいと思います。
もずくと云えば大半三杯酢で酢物にしますが鳥取では産地ということもあって吸い物にしたり、さっぱりと雑炊にして冬場は食べます。独特の粘りも出て体もあったまり,美味しいものです。糸もずくの主な産地は沖縄です。その気候のせいもあり、年中漁れる様です。鳥取では初夏から秋にかけて岩もずくも漁ります。ただ、その年のたび漁れたり漁れなかったりするので価格がすごく不安定で、糸もずくが500gで1000円くらいなのに対し、岩もずくは5倍くらいします。
糸もずくは酢の汁といっしょに飲むという感じですが、岩もずくはバリバリと歯ごたえを楽しんで食べるという感じです。太さもだいぶ違うので岩もずくは酢と醤油の割合を少し強くします。どちらのもずくもカリウム等ミネラル分を多く含みからだには大変良いようです。