手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鳥取和牛バター焼とトマトサラダ和風ドレッシング

いただきます

鳥取和牛バター焼とトマトサラダ和風ドレッシング

鳥取和牛バター焼とトマトサラダ和風ドレッシング

2010年7月7日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

 鳥取和牛の薄切りをバターでサッと炒めます。味付けは塩、こしょうのみのあっさりとした味付けです。この方が牛肉の旨味が充分味わえるし、これの付けダレはからしポン酢なのでより一層食べやすくなります。そのからしポン酢の中にレホールを溶かし入れます。レホールというのは簡単にいえば洋わさびの事で、大きさはわさびと大根を足して2で割った様な感じです。肉料理には大変よく合います。
刺身にはわさび、肉にはレホールといったところです。
付け合わせはたっぷりのキャベツです。ボイルしてあるので肉と一緒にたくさん召し上がっていただけます。ポン酢にも大変良く合います。

 トマトが一番美味しい季節になって参りました。これを皮をむきサイの目に切って、ちょっと甘みのある醤油味のドレッシングをかけて食べます。上にはみじん切りにした玉ねぎとパセリとパプリカがかけてあります。バター焼きと一緒にお出ししています。大変相性は良いです。