手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鱈と鮪のリゾットと白ねぎとカニのごま和え

いただきます

鱈と鮪のリゾットと白ねぎとカニのごま和え

鱈と鮪のリゾットと白ねぎとカニのごま和え

2010年12月24日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

寒い季節になってきたので季節の魚を使った洋風雑炊と今、最も甘味を増す白ねぎの和えものです。

鱈と鮪はアラの部分でもかまいませんし、鍋や刺身に使った残りの部分でも十分です。
その身を細かく切りオリーブオイルでローズマリーと月桂樹の葉とニンニク一かけ入れていためます。火が通って香ばしい香りが漂ってきたら人参、玉ねぎなどを旨みが出る野菜を入れ、コンソメスープを入れてこしょうを入れ味を整えた後にご飯を入れて熱くなったら出来上がりです。
スープに魚の旨みが出て大変美味しいです。

白ねぎのごま和えは、白ねぎは今が最も甘味があって美味しい時期です。
しかし、火を通しすぎると歯ごたえも無くなるので、さっと湯に通しただけで茹でたカニとごまダレとかおひたしの液で、又はマヨネーズなどと和えても美味いし、イカとかタコ、蛤とか浅利のむき身などでも大変良く合います。