手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>舌平目の煮付

いただきます

鱧のおとし 梅肉かけ

舌平目の煮付

2011年8月15日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

真夏、鳥取では鰈(かれい)の煮付の変りに舌平目をよく煮付けに使います。
一つは味が鰈の淡白で旨みのあるさっぱりとした食感に似ているのと、山陰の砂地でよく漁れ、比較的安価に購入できるからです。

洋食ではムニエルなどによく使いますが、夏が旬のくせの無い美味しい魚です。山陰では別名 牛の舌 とも云いますがなるほどそんな形です。唐揚げにしてポン酢をつけて食べても美味しいです。