手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鰤(ぶり)の照焼

いただきます

鰤(ぶり)の照焼

v

2013年1月14日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

寒に入り吹雪の日本海で漁れた15K級の天然鰤の一番脂が乗っているかまの部分を照焼にしました。
寒ブリと言えば富山の氷見(ひみ)が有名ですが、山陰であがる10K超のブリも決してひけをとりません。

ブリの体の中でも一番脂がのって旨味が強いかまの部分が通の人やグルメの方には人気があるようです。

日本酒とたっぷりの本みりんとたまり醤油でこってりと焼き上げました。
大根おろしを添えて食べるとよけいに味を引き立ててくれるようです。