手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>大山ハーブ地鶏オリーブ焼

いただきます

大山ハーブ地鶏オリーブ焼

v

2013年5月8日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

中国地方最大の山、大山(だいせん)のふもとで育てられた地鶏が今、全国的に焼鳥、鳥鍋などで好評です。そのエサにハーブをまぜて野放しで育て、大きくした若鶏をオリーブオイルとニンニク、生姜でソテーしました。

ブロイラーのものとは違って、噛みごたえがあり、そして身に旨味があり、昔の農家の庭で育てたニワトリの味がするような気がします。ハーブも食べているので通常のそれより何となく後味がスッキリするようです。

その味を楽しむため味付けは塩、コショウ、あるいは醤油といったシンプルな調理があうようです。