手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鳥取和牛赤ワイン煮

いただきます

v

鳥取和牛赤ワイン煮

2013年11月13日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

すすぎ鍋に使う鳥取和牛の端やらバター焼きに使う用の余ったところを置いといて、これをソテーし、牛肉の旨味を肉に閉じ込める様に外側にこんがりきつね色になるまでこげ色を付けます。

全体的に火が通って香ばしい香りがしてきたら大量の玉ねぎと大量の赤ワインを入れ、ただただ3〜4時間煮込みます。
塩、こしょうで味を整えたらそれで完成です。

牛肉の持つ旨味と玉ねぎの甘味を赤ワインが引き出してくれます。

鳥取和牛赤ワイン煮と一緒に「しじみご飯」や「もさ海老の吸い物」