手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鳥取和牛たたき

いただきます

v

鳥取和牛たたき

2014年3月19日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

牛肉の中で一番柔らかい部分、後ろ足のももの内側(ランプ)という部分をサッと火であぶってタレに付けて食べたりポン酢で食べたりします。

たくみでは日本酒とみりんを煮切ってアルコールをとばし、濃口しょうゆを入れ、その中に牛肉を入れ、スライスしてお出しします。
熱々のも良いですが、冷めてからでも充分に美味しいものです。

焼き肉屋で刺身でユッケで食べるのもこの部分ですが、例の問題が起きてからは加熱方法に色んな制約が出来て、随分高いものになったようです。
牛肉独特の旨味も甘味もあり、あまり加熱しない方が美味しく食べれると思います。