手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鳥取和牛すじ煮込

いただきます

v

鳥取和牛すじ煮込

2014年5月7日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

鳥取和牛のすじ、アキレスの部分をいっきに10kgくらい大きなフライパンで焼き上げていきます。肉に焼き目を入れるのは、スジと云えども旨味が十分に有るんでそれを閉じ込める為です。

その後、4〜5時間かけてじっくり煮込み、そのスープはすすぎ鍋(しゃぶしゃぶ)に使います。そしてそのすじを昆布とかつおのだしで煮て、和風でさっぱりとした味付けにして、季節の野菜を添えます。

一定した注文があり、女性にも人気があります。こってりとした味噌味も良いですが、この食べ方も美味しいです。