手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>大山ハーブ鶏マレンゴ風煮込(赤ワイン、トマト煮込)

いただきます

v

大山ハーブ鶏マレンゴ風煮込(赤ワイン、トマト煮込)

2015年2月4日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

かつてフランスの英雄ナポレオンが好んで食べたと云われる野鳥を赤ワイン煮つけ込んでトマトソースで煮込んだマレンゴ地方の料理を中国地方の一番の山秀嶺 大山のふもとでハーブを入れたエサで育てた鶏を使ってつくりました。

普通の若鶏よりも一回り大きく少し赤みを帯びて味が濃いとされている鶏です。 これをもも肉一枚軽く塩、コショウをしてオリーブオイルでソテーします。隠し味にガーリックとジンジャーを入れ、赤ワインをドボドボと入れ、アルコール分をとばしたら、トマトソース、玉ねぎを入れ、煮込んだらでき上がりです。

鶏肉の旨味、赤ワインのコク、トマトの酸味がよくあって女性にも好まれる料理です。