手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鰆(サワラ)のから揚生姜あんかけ甘長とうがらし添え

いただきます

v

鰆(サワラ)のから揚生姜あんかけ甘長とうがらし添え

2015年8月6日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

この8月、山陰では50cm〜70cm くらいの鰆がよく漁れます。魚へんに春と書くので春が旬と思われがちですが、初夏から秋にかけて一番脂がのってうまい魚です。


煮付けにはあまり向きませんが、刺身、焼物、揚物がよく合います。特にこの時期は生姜をきかしたあんや、洋風にトマトソースをかけたりして食べると、鰆の柔らかくてさっぱりとした身がよけいきわだってくる様です。


添物は今が最も旬の甘長とうがらしです。

デザートにはスイカをどうぞ。