手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>活アゴ(飛び魚)暑気払いニョロニョロセット

いただきます

v

暑気払いニョロニョロセット

2016年7月14日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

7月も中旬にさしかかり梅雨明けもそろそろと思いますが、それにしても全国35℃越えで暑い日が続きます。
こんな時には栄養価が高く、美味 しい魚と云えばニョロニョロコンビの鱧(はも)と鰻です。

鱧は3枚におろし、骨切りをして(これはけっこうむずかしい)、サッとお湯を通して梅肉をそえてハモのおとし、ある いはきゅうりの輪切りと合わせてハモざく(酢の物)などありますが、今回は天婦羅でさっぱりと召し上がって戴きましょうか。
つけ合わせは 旬の野菜で茄子とグリーンアスパラです。

それと鰻丼です。

このタレは鰻の頭や骨を酒とみりんと砂糖(ザラメ)で煮つめて濃口醤油とたまり醤油で味を整えて作ります。

どちらも夏に好んで食される料理 ですが、鰻はともかく鱧は今が旬の魚で特に京都あたりでは最も人気の料理です。
食後は焙じ茶でさっぱりと。デザートにスイカもどうぞ。