手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>大山ハーブ鶏梅肉ミンチボール

いただきます

v

大山ハーブ鶏梅肉ミンチボール

2017年3月11日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

大山のふもとで育て、エサの中にハーブを入れ込み育てた鶏のモモ肉をミンチにしました。
それをあたり鉢でよく練り込み、その中に種をはずしてたたいた梅干と細切れにした切り餅、
玉子、生姜を入れて、細切りにしたシソの葉を入れ、よく混ぜ、
沸騰した出し汁(味付けは薄口醤油・みりん)の中に1つずつに丸状にして落としていきます。
中に火が入ったら、きのこ類や旬の野菜を入れて食べます。

おかずにしても良いし、中にうどんとかきしめんを入れて熱々で召し上がってもこの時期、
体も温ってまって美 味しいと思います。


一言:
大山ハーブ鶏梅肉ミンチボールのミンチボールは手が込んでいて、
口にするとモチモチとした食感がするのですが、味は、鶏肉と梅肉が相まってさっぱりとしていました。
ご家庭でトライしてみてはいかがでしょう。(取材&試食担当 衣笠告也)

 

食後のコーヒーは牛の戸焼で。