手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鳥取和牛たたき

いただきます

鳥取和牛たたき"

鳥取和牛たたき

2018年3月8日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

今回は和牛の中でもラムという部分で一番油分が少なく、おしりの中央、あまり動かない部分です。
従ってくせが無くカロリーも少ないので女性にも大変人気があります。
しかも赤身が90%以上なので鉄分やミネラルを豊富に含んでいるところです。


今回はポン酢を添えてさっぱりとお出ししていますが、生(刺身)で、わさびで食べるのもなかなか乙なものです。

一言:
「たたき」はサッパリしているのに旨みタップリでした。西洋わさびがとてもよく合いました。
梅の絵の器(牛ノ戸焼)が春めいて心も暖かくなりました。(取材&試食担当 衣笠告也)