手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>鳥取の主役/白いかと境港産黒まぐろ

いただきます

鳥取の主役/白いかと境港産黒まぐろ

鳥取の主役/白いかと境港産黒まぐろ

2019年6月26日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

ここのところ白いかの不漁が伝えられやきもきしておりましたが、この時期にきてようやく本格的に漁れはじめたみたいです。
もっとも、いかの不漁は鳥取だけでなく全国的なもので、特に北海道函館のいか漁は深刻のようです。

ところで、今からが旬の白いかは地元でとても人気があって、甘み歯ごたえ共に最高です。
そして夏場にピークを迎える境港産の黒まぐろは、全国一の漁獲高、そして生で流通する鮪で今では有名になりました。

この白と赤の紅白刺身盛、見た目も鮮やかです。黒まぐろはわさび、白いかは生姜がとてもよく合うと思います。

食後の一言:
山根窯の器に盛られた刺身は、飛びきり新鮮でまさに刺身でした。白いかに生姜は本当によく合います。

ごちそうさまでした。
(取材&試食担当 衣笠告也)