手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>牛丼とホタルいかごま酢みそ和え+新若芽とカンパチの潮椀

いただきます

牛丼とホタルいかごま酢みそ和え+新若芽とカンパチの潮椀

牛丼とホタルいかごま酢みそ和え+新若芽とカンパチの潮椀

2020年4月6日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

たくみ割烹の牛丼は開店以来ずっと人気のメニュ−です。〇〇屋の牛丼とは違い鳥取和牛(オレイン55)と玉ねぎをたっぷり使い、濃口醤油、日本酒、砂糖のみで仕上げたシンプルな丼です。

どっしりした丼(沖縄)にこんもりと盛られた牛肉。上に生姜が乗せてあります。

味もストレ−トで牛肉の旨味と玉ねぎの甘味の調和を一番考え、お昼の丼としては老若男女、幅広い年齢層に支持されています。

付合せは今が日本海で漁れたホタルいかのごま酢みそ和えとこれも旬の新若芽の吸い物です。
ホタルいかの胡麻酢みそ和えの小皿は山根窯。

食後の一言:
濃口なタレが肉とご飯に絡み、ボリュ−ムたっぷり堂々の丼です。地元産の生姜が相性よく口元がさっぱりします。永年、食されてきた味の工夫と歴史を感じました。食後は鬱々とした心が一転するようでした。

湯呑は伊賀焼。

ごちそうさまでした。
(取材&試食担当 衣笠告也)