手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>目板鰈のから揚げ

いただきます

目板鰈(メイタガレイ)のから揚げ

目板鰈(メイタガレイ)のから揚げ

2020年8月28日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

9月の底引漁が始まる夏の時期は、山陰では煮付用や唐揚に目板鰈や紋がれいが主に登場します。
冬の赤かれいとは違って磯の香りが強く身もしまっていて美味しいものです。
今回は唐揚にしてポン酢でさっぱりと仕上げました。よく冷えたビールや冷酒には絶妙に合うと思います。

食後の一言:
厳しい残暑やストレスを乗り切るパワーをいただきました。
エイのひれの煮付(因州・中井窯)と目板鰈のから揚(牛ノ戸焼)の器のコントラストが楽しく、日用使いに求めたくなりました。

ごちそうさまでした。
(取材&試食担当 衣笠告也)