手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>牛丼

いただきます

牛丼

牛丼

2021年2月5日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

鳥取県のブランド牛「鳥取和牛オレイン55」のバラ肉をふんだんに使った牛丼です。

熱々のごはんの上にゆでたキャベツをのせて、シンプルに日本酒、醤油、砂糖と胡椒のみできざんだ玉ねぎといっしょに軽く炒め、煮込んだ牛肉をかけて、上にガリ(生姜酢漬)をのせて、できあがりです。

味付けもシンプルですが、オレイン牛の旨味と甘味が充分に引き出せて、ゆでキャベツとごはんによくマッチしていると思います。


食後の一言:
鳥取自慢のオレイン55和牛の肉がてんこ盛りで、実に贅沢な牛丼でした。噛むほどに味が増し、大きな丼(沖縄のやちむん)をあっという間に完食しました。

食後のコーヒーで欅のシュガーポット(写真奥)に目が魅かれました。

ポットはお店で長い間使われ続けてきたもので、年月を経た色あいにドラマを感じます。

ごちそうさまでした。
(取材&試食担当 衣笠告也)