手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>昔の物 今の物>磁器とガラスの食器

昔の物 今の物

磁器とガラスの食器

磁器とガラスの食器

2008年8月6日
語り手:横山正夫

 暑い夏がやってきました。夏の暑さを凌ぐため、昔も今も人々は、生活の中に涼を求めてきました。食器についてもまたしかり。ブログ等でも多数の方が紹介しているとおり、磁器やガラスが使用されます。
 そこで、本稿でも磁器とガラスの食器をご紹介します。磁器は伊万里の中期の蕎麦猪口です(初期の物は別の機会にご紹介します)。特に薄手で夏らしい物を選んで見ました。
 また、ガラスは小谷真三さんのコップをご紹介します。小谷さんの作品には大物、小物種々の色、形の物があり、興味が尽きませんが、それらの物については、後日別稿とし、ここでは、最もシンプルで、しかも小谷さんの力量を表すコップのみを掲げます。
 涼しさを感じて頂けたらと存じます。

伊万里中期蕎麦猪口7題

小谷真三ガラスコップ4題