手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>昔の物 今の物>重箱の漆絵

昔の物 今の物

重箱の漆絵

重箱の漆絵

2006年11月14日
語り手:横山正夫

 表題は「昔の物 今の物」ですが、今回は、いずれも昔の物です。
 この二つの重箱は、今の精緻な漆塗りから見ると、粗野にも見えますが、大らかな漆絵は遊び心とほのぼのとした暖かさを感じます。
 今この様な製品が作られているのか、寡聞にして、私には分かりません。漆塗りが多数回塗りを自慢して、精緻な工芸品(従って値段も高い)の方向ばかりを目指すのには、疑問を感じます。生漆を吸い込ませた下地の上に黒漆を塗り放しただけでも、十分に実用になります。そして、その上に写真の様な大らかな漆絵が描ければ、なお素晴らしいのですが・・・一素人の夢想です。