手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>昔の物 今の物>青土瓶

昔の物 今の物

青土瓶

青土瓶

2015年1月21日
語り手:横山正夫

 寒い季節、多人数にお茶を振る舞うときに、重宝するのが土瓶です。近年では多人数をおもてなしする機会も減ったため、土瓶を使用する必要性も減ってきていると思われますが、土瓶の暖かみは他に代えがたいものがあります。
 本項では土瓶のうちの青土瓶をご紹介します。昔の物今の物(1)で新旧の土瓶を取り上げ、そこで青土瓶をご紹介していますが、ここでは作者の違い、産地の違いを知って頂きたいと思います。
 
 まずは伊賀丸柱の昔の青土瓶です。丸々と太った胴体に細い口がチョコンと付きます。愛嬌たっぷりですが全体のバランスに乱れがありません。直火で使える大型の煎じ土瓶ですが、この小型の物であれば、現代でも用途はあると思います。手仕事フォーラムの以前の記事の中にもその再興の記事がありました。

 次に青土瓶と言えば、小鹿田です。まずは坂本茂木さんの青土瓶二点と柳瀬朝夫さんの青土瓶二点をご紹介します。朝夫さんの二点目は他の角度からの写真も加えました。
お二人とも小鹿田を代表する名工ですが、青土瓶一つとってもその形に明確な違いがあります。茂木さんがそろばん型、朝夫さんがより背の高い型ですが、いずれも味のある作者独自の型をしています。

坂本茂木

坂本茂木

柳瀬朝夫

柳瀬朝夫

 最後に小鹿田の兄弟窯である小石原の青土瓶をご紹介します。小鹿田と異なり、落とし蓋で青の調子、形態も異なります。

太田熊雄