手仕事フォーラム〜手仕事の品をとり入れた生活の素晴らしさを

ホーム>連載・手仕事レポート>いただきます>境港養殖サーモンと白イカ彩(いろどり)マリネと鰆味噌焼

いただきます

境港養殖サーモンと白イカ彩(いろどり)マリネと鰆味噌焼

境港養殖サーモンと白イカ彩(いろどり)マリネと鰆味噌焼

2021年7月9日
語り手:阿部一郎(たくみ割烹) / 写真:衣笠告也(願正寺)

今回は鳥取の海の幸3種をいただきます。

寿司ネタなどで人気のサーモンを、鳥取でも3ヶ所で養殖を始めました。海が近く新鮮な海水が手に入りやすい環境で育てるため、評判が良いようです。その一つ境港の養殖サーモンをお刺身で。

白イカは歯ごたえを増すためにサッと湯をくぐらせ、パプリカなどの夏野菜とわさびを少し加えてサッパリとしたマリネに仕立てました。

鰆(サワラ)は鳥取地物の味噌と味醂、日本酒に漬け込んで焼きました。味噌とはとても相性が合う魚で、京都の西京味噌や白味噌でも大変美味しく食べられます。

食後の一言:
デザートは季節のスイカで、皿は沖縄。マリネの器も沖縄です。鰆の中皿は因州・中井窯。サーモンの刺身の中鉢は出西窯です。夏の到来を感じさせる彩の食でした。美味しかったです。

ごちそうさまでした。
(取材&試食担当 衣笠告也)